トップページ > インプラント > 前歯の審美的なインプラント症例

前歯のインプラント治療は、単にインプラントが移植されているだけでは不十分で、インプラントが周囲の歯や歯茎と審美的に調和していなければなりません。
そのため、前歯のインプラント治療は一般的に歯茎と、そしてこれを支える骨の移植が併用されることが多く、術者には高度な技術と審美的な治療センスが要求されます。
当院の審美-インプラント治療は世界でも評価の高く、国内外の歯科医師や患者さんから治療の相談や依頼を承っております。

前歯における複雑なインプラント症例1
術前の状態

事故により、上顎の前歯と歯茎が失われていました。 
また、前歯では咬み合わすことができない状態でした(開咬:歯列不正の一種)。

術中の状態

歯が欠損した部分にインプラントを移植する前に、骨の移植が行われました(左)。 
その後、十分な治癒期間の後にインプラントが移植されました(右)。

仮歯が装着され、歯並びの矯正治療が行われました。
その後、前歯において歯茎の移植が行われました。

術後の状態

2本のインプラントを支台とするセラミックスの歯が装着されました。

術前と術後を比較すると、移植手術と歯並び矯正がインプラントの審美のために
重要であったことがわかります。

前歯における複雑なインプラント症例2
術前の状態

歯周病により前歯が突出し、歯が動揺していました。

術前の状態

術中の状態

重度の歯周病であった右上の前歯は抜歯され、骨と歯茎の移植の手術が行われました。
十分な治癒期間の後にインプラントが移植されました。
その後、審美的なセラミックスの支台とかぶせの歯が装着されました。

術後の状態

インプラントにセラミックスの歯が装着されました。術前と比較して前歯の審美性が大幅に向上しました。

前歯における審美的なインプラント症例1
術前の状態

上顎の中切歯に破折が認められました。

術前の状態

術中の状態

歯を残すことは困難と診断され、抜歯が行われました。
抜歯された部位には骨と歯茎の移植が行われ、その治癒後にインプラントが移植されました。

インプラントの支台を装着し、かぶせの歯を作製しました。

術後の状態

天然の歯と見分けがつかないような審美的なセラミックスの歯が支台に装着されました。

術前の状態

前歯における審美的なインプラント症例2
術前の状態

左上の前歯(中切歯)の根の部分が割れていたため、歯を残すことが困難と診断されました。

術前の状態

術中の状態

左上の前歯は抜歯され、治癒後にインプラントが移植されました。
狭いスペースにインプラントを移植しなければいけなかったので、コンピュータ・シミュレーションによって作成されたガイド・テンプレートをもちいてインプラントが移植されました。

術後の状態

インプラントにセラミックスの歯が装着されました。
歯茎との調和も自然で審美的な治療結果が得られました。

術前の状態

前歯における審美的なインプラント症例3
術前の状態

上顎の右側の側切歯が欠損し、仮歯が接着されている状態でした。

術前の状態

術中の状態

欠損部にインプラントが移植され、セラミックの土台が装着されました。

術後の状態

審美的なかぶせの歯が装着されました。

術前の状態

前歯における審美的なインプラント症例4
術前の状態

ブリッジが装着されていた歯が歯茎の中で折れている状態でした(歯の破折)。

術前の状態

術中の状態

破折した歯を抜去し、治癒後に2本のインプラントが移植されました。
また後日に歯茎の移植も行われました。

術後の状態

セラミックブリッジが装着され審美的に満足な治療結果が得られました。

術前の状態

前歯における審美的なインプラント症例5
術前の状態

左上の犬歯が抜歯されており、周囲の歯茎も退縮している状態でした。

術前の状態

術後の状態

インプラントの移植だけでなく歯茎の移植も併用することにより、
審美性の高いインプラントのかぶせの歯を装着することができました。