トップページ > インプラント > 多数の歯を失った場合のインプラント症例

多数の歯を失った場合や、インプラントを支える骨が少ない症例では、いったん崩れてしまった噛み合わせを再構築し、また、骨や歯茎も再生する必要があるため、一般的にインプラント治療は難しくなると考えられています。  しかし、デンタルインプラントセンター大阪では他医院からのご紹介の症例を含め、このような難症例を数多く治療した実績があり、これまでにも良好な臨床結果が得られております。以下に多数の歯が失われた場合のインプラント治療の方法を、当院でおこなわれた治療例を用いて説明いたします。

重度の歯周病によって歯が動揺し、食べ物が噛めなくなったケース
術前の状態



重度の歯周病によって、歯が浮いて動揺しており、患者さんは食べ物を噛むことができず、丁寧に歯ブラシをしても口臭がなくならない状態でした。

 

術中の状態


残すことが困難と診断された歯を抜去し、上顎の奥歯(上顎洞)と前歯に骨の移植を行いました。このように重度の歯周病によって歯が失われた場合、通常はインプラントの移植に先立ち、インプラントを支えるための「骨造成(GBR)」を行います。
骨の再生が得られた後に、CTレントゲンを撮影し、インプラントの移植のシミュレーションを行います。


インプラントのシミュレーションに従ってインプラントを移植し、十分な治癒期間後にインプラントによって固定される仮歯を装着します。本症例では下顎の前歯は抜かずに、噛み合わせを整えるための矯正治療を行いました。

術後の状態


審美性の改善と歯ブラシの清掃性を高めるための歯茎の移植を行い、セラミックスの歯が装着されました。このように術前に歯が動揺して食べ物が噛めなかったケースでも、固定性のインプラントの歯によって、ほぼすべての食事を快適に楽しむことができるようになります。一部の入れ歯のように談笑中や食事中に歯が外れることもありません。


本症例は術後数年が経過しておりますが、インプラント周囲の骨は安定し、患者さんの歯ブラシによる清掃もとても良好です。

虫歯や歯の破折によってブリッジが動揺しているケース
術前の状態

虫歯や歯根の破折により、差し歯や被せの歯が浮いて動揺しており、患者さんはしっかり噛むことができない状態でした。

 

術中の状態

残すことが困難と診断された歯を抜去し、治癒後にCT-X線を撮影しました。このCTの画像を利用してコンピュータ上でインプラントを移植する計画を思案し、実際にシミュレーションの通りに患者さんにインプラントを移植しました。

インプラントの土台が装着されたのちに審美性の向上のため歯茎の移植を行いました。 その後、仮歯によって噛み合わせを安定化させ、最終の新しいブリッジを作製しました。

術後の状態

術後のブリッジとX線画像。患者さんはインプラント治療を審美的にも機能的にも大変満足され、インプラント治療のお陰で毎日の食事や会話だけでなく、趣味の水泳もより楽しめるようになったと喜んでいらっしゃいました。

進行した虫歯によって多数の歯を抜歯しなければならないケース
術前の状態

多数の歯が虫歯により残すことのできない状態でした。
また、上顎はインプラントを支えるための骨の量が少なく、インプラントを移植するのが困難な状況でした。

 

術中の状態

予後が思わしくない歯を抜歯し、骨の少ない部分に骨を造成する処置を行い(上顎洞挙上術)、その後ンプラントを移植しました。

術後の状態

審美的に見せるために歯茎の移植の処置を行い、下顎の歯には矯正治療を行いました。その後インプラントにセラミックの歯を装着し、治療が完了しました。


患者さんは治療結果をとても満足されておりました。

インプラントを支える骨が少ない上顎の奥歯のケース
術前の状態

歯周病により上顎は2本、下顎には1本の奥歯が抜歯されていました。

上顎はインプラントを支えるための骨の量が少なく(X線写真の赤枠部分)、インプラントを移植するのが困難な状況でした。

術後の状態

骨の少ない部分に骨を造成する処置(X線写真の赤枠部分:上顎洞挙上術)を行い、その後インプラントを移植し、かぶせの歯を製作しました。

術前に銀歯であった箇所にはセラミックスの歯を、抜歯されていた歯のなかった部位にはインプラントに支えられるかぶせの歯が装着されました。