サトウ歯科だより
2007−4 第42号

歯の矯正
サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪 院長 佐 藤 俊 一

ノーベルバイオケア・インプラント講習会
サトウ歯科・デンタルインプラントセンター所長 佐藤琢也


歯の矯正

サトウ歯科デンタルインプラントセンター大阪 院長 佐 藤 俊 一

新緑の頃、皆様いかがお暮らしですか?  
サトウ歯科も新築一年を経過しましたが、家の前の道路はいまだ完成されていません。

さて、今回は歯のかみ合わせの改善の話をしましょう。
私の診療所でかつて働いていた女性の話ですが、彼女には好きなボーイフレンドがいるのですが、なかなかプロポーズしてくれなく、永い春を悶々と過ごしていました。

結婚にこぎつけない理由は、自分の歪んだ容貌にあるのではないかとおもいはじめました。たしかに下の顎が少し歪んでいるが、彼女はもともと色白で、容貌も悪くなく、むしろ問題は顔でなく、心の中にあるのではないかと私は内心はおもっていました。

しかし、歯並びと歪んだかみ合わせを治したいという彼女の意思は固く、私も治療に協力すべく、歯科大学病院に彼女を紹介し、まずは口腔外科による顎の整形手術、ついで矯正医による歯並びの治療、最後に私が陶材(セラミック)による最終処置を行い、かみ合わせの改善を行ないました。

そして間もなく、はれて彼と結ばれ、私も結婚式に招待されましたが、花嫁のうれし涙、涙の披露宴でした。その後、3人の子供も授かり幸せな家庭を築いております。

この話を振り返ると、容貌のコンプレックスを解消することにより、自信を持ち、人生に積極的にチャレンジするような好ましい性格に変わることもできるということでした。

「形」をかえることで「心」の中も変えることができるならば、現代の美容整形や装い、化粧の効果を高く評価すべきなのかもしれません。  

最近はおしゃれを楽しむ人が増えてきたような気がします。しかし、歯並びなどの関心は欧米に比較していまだ低いといわざるをえません歯科医側の多くも、虫歯や歯ぐきの治療には専念しますが、「歯並び」の乱れなどは病気ではないとの気持ちもあって、治療方法についてはPR不足があったかもしれません。

我々が疾病を治すことだけでなく、その人の人生観や価値観を高めることに貢献できれば、それに勝るものはありません。




矯正治療はなんのため?

皆様は「歯並び矯正」と聞いてどのようなイメージをされるでしょうか?
「前歯がデコボコに並んでいるのをきれいに並べる治療」というのが大体のイメージと思います。

もちろん、前歯の歯ならびをきれいに並べることで審美性が向上し、お顔の印象が変わってくるという効果はありますが、実は歯ならび矯正の効果はそれだけではありません。


かみ合わせ改善で美味しく食事を楽しむ


矯正治療をすると、前歯だけではなく奥歯の並びも良くなるため、必然的にかみ合わせが良くなります。
良いかみ合わせで食べ物をかむと、効率よく食べ物をかみつぶせるために硬い食べ物も不快なく食べることができます。  

脳の研究が進んできて分かったことですが、人間は食べ物の美味しさを舌だけで感じるのではなく、食べ物の歯応え・かみ心地によっても感じているようです。  

正しいかみ合わせは、バランスよく全ての歯に刺激を伝えることで、歯を支えている歯根膜という膜を元気にして、歯応えを感じやすくさせてくれる働きがあります。


アンチエイジング?

アンチエイジングという言葉があります。老化という目に見えづらいものが科学の発展でいろいろ分析されて、様々な老化対策法がたてられてきているということだそうですが、矯正治療によってかみ合わせがよくなると、周りの部位にも影響が及んできます。  

よく咬めるようになることでアゴの筋肉は元気になりますし、脳にも刺激が伝わることで活性化されます。
歯磨きがしやすくなるために歯グキも引き締まります。

アゴの位置がよくなることで姿勢がよくなるなんていう報告もあります。


矯正今昔話

昔の矯正のイメージといえば、「痛い!」「目立つ!」「子供のうちにやらないとダメ!」「治療期間が長い!」など、ネガティブなイメージが多かったとおもいます。

矯正装置も今は非常に発展しており、透明な目立たない装置になりました。  

形状記憶のチタン製の針金を使用することで、痛みは非常に軽減させることができるようになりましたし、治療期間も飛躍的に短くなっています。

体にやさしい装置を用いるようになったことで、大人の方でも安心して矯正治療を受けることができるようになりました(ちなみに今までで私が治療させていただいた最高齢は、72才の男性でした!!)。今まで上記のようなことで矯正を諦めていた方は是非、一度 ご相談にいらしてください。  

皆様が美しい歯並びを得て、人生がもっと素敵になるように、一生懸命お手伝いさせていただききたいと思います。(^_^)



ノーベルバイオケア・インプラント講習会

サトウ歯科・デンタルインプラントセンター所長 佐藤琢也


当サトウ歯科はブランドとも言われている『ノーベルバイオケア・インプラント』を採用しており、所長の佐藤琢也はこれから同インプラントを導入しようと考える歯科医師の方を対象とした教育コースのインストラクターを務めております。  

今年も4月7日より当院の研修室や診療室を使用しての講習会が開催され、定員いっぱいに歯科医師の先生方が多数参加されました。

4日間にわたるこの講習会は少人数制のプログラムであることを特徴としており、プログラムの内容は、スライドを使用した講義や模型実習、そして手術見学など非常に密度の濃い内容なのですが、受講された先生方は疲れた顔も見せずにとても熱心にコースに参加されていました。

当院はこのように実際に患者さんへ治療を行うだけではなく、歯科医師に対して治療方法を指導するという役割も担っております。  

それゆえに、模範的な診療所でありつづけること、そして質の高い治療を提供しつづけるけることを求められておりますが、私たちはこれを励みとして、今後も努力し続けたいと考えております。



<<HOME