デジタルX線システム。従来のものよりX線の被爆量が少ないデジタルX線装置を採用しております。通常のデンタルX線画像、パノラマX線画像のほかに、CT撮影(コンピューター断層撮影)も可能です。