トップページ >インプラント

インプラント

インプラント

高度な技術と知識が要求されるインプラントを、デンタルインプラントクリニック大阪では経験豊富なインプラント専門医が充実した設備のもとで安全に行います。また、患者さんとの相談にしっかり時間をかけ治療に臨むことも当院の特徴の一つです。

ご自身の歯とほとんど変わらない機能と外観を回復させるインプラント治療ですが、
症例によっては骨の造成術や歯肉の移植術が併用されます。

【治療前の状態】
左側の中切歯のように、インプラントを支える骨がすでに失われ歯肉も退縮している症例では、インプラントの移植の前に骨を造成し、歯肉の形態を回復する必要があります。

インプラント症例

【治療後の状態】
インプラントが移植され、審美的な人工歯が装着されました。インプラント治療は歯を削らなくてすむことが利点の一つですが、一方で手術が必要で、とくに前歯では難易度が高いとされる骨造成術*や歯肉移植術**を用いなければ審美的な結果は得られません。

インプラント症例

【治療前の状態】
上顎の前歯と奥歯、そして下顎の奥歯が失われており、入れ歯が装着されていましたが、入れ歯が動くため患者さんはインプラントによる治療を望まれました。

インプラント症例

【治療後の状態】
歯の欠損部にインプラントが埋入され、歯肉の着色(メタルタトゥー)も歯肉移植術により除去されました。厚みがあり、歯茎の上に乗るかたちの入れ歯とは異なり、インプラントでは異物感も少なく、食事や会話も快適ですが、インプラントを長く持たせるためには定期チェックが必須で、これを怠るとインプラント周囲の炎症やかぶせの歯の破折を招きます。

インプラント症例

インプラント症例

*骨造成術:骨が失われた部分に骨の移植を行い、骨を造成する方法

**歯肉移植術:退縮した歯肉に歯茎を移植し、審美性と歯茎の機能を回復する方法

先進インプラント治療

デンタルインプラントセンター大阪では一般的なインプラント治療のほかに、高度な技術や最新の設備が必要とされる先進インプラント治療も行っております。

周囲の歯や歯茎と自然に調和させる審美インプラント治療や、ほとんどの歯が残っていない症例、あるいはインプラントを支える骨が少ない難症例においても、当院ではインプラント治療をおこなうことが可能です。

これらの当院の治療例は国内外で高い評価を得ており、これまでも歯科の学術誌や専門誌において数多く紹介されております。

前歯における審美的なインプラント治療 骨の少ない部位でのインプラント治療

隣接する歯を1、2本失った場合

これまでの方法

両隣の歯を削って
人工の歯(ブリッジ)をかぶせます。

  • 健康な歯を削らなければなりません。
  • 削られた歯にさらに噛む力の負担がかかります。

インプラント

インプラントを埋め込み
その上だけに人工の歯を固定します。

  • 健康な歯を削ることはありません。
  • 噛む力により天然の歯に負担がかかりません。
奥歯を含めた複数の歯を失った場合

これまでの方法

部分入れ歯を装着します。

  • 金属のバネがかかる歯に負担がかかります。
  • 部分入れ歯の違和感があります。
  • 金属のバネが見える場合はとくに見栄えが良くありません。
  • 部分入れ歯の手入れが大変です。
  • 顎の骨が痩せやすくなります。
  • バネのかかる歯が虫歯や歯周病になりやすくなります。

インプラント

インプラントを埋め込み
その上だけに人工の歯を固定します。

  • 天然の歯と同じぐらいの噛む力を生じます。
  • 噛み合わせが安定します。
  • 外観、装着感ともに違和感、異物感がありません。
  • 顎の骨の吸収を防ぎます。
  • 残っている天然の歯に負担をかけません。
奥歯を含めた複数の歯を失った場合

これまでの方法

部分入れ歯を装着します。

  • 入れ歯がずれたり、はずれたりすることがあります。
  • 歯茎が痛むことがよくあります。
  • 硬いものが噛みにくくなります。
  • 味がわかりにくくなります。
  • 顎の骨がやせます。
  • 噛み合わせが安定しません。

インプラント

インプラントを埋め込み
その上だけに人工の歯を固定します。

  • インプラントは顎に固定され、人工の歯は動きません。
  • 天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わったりすることができます。
  • 食べ物が歯茎に挟まらず、痛みもありません。
  • 顎の骨をやせるのを防止します。
  • 噛み合わせが安定します。
※(株)ノーベルバイオケア・ジャパン『インプラントによる治療のご案内』より抜粋改編

よくあるご質問

インプラント治療を行うに痛みはありますか?

インプラント手術は十分な局所麻酔下で行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。 また、当院は笑気麻酔鎮静法も導入しておりますので、術中は不安も軽減し、さらに痛みを感じることを減少することができます。

手術時間、治療期間はどれくらいですか?

手術自体は数時間で終了し、入院の必要はありません。
治療期間は症例によってさまざまですが、シンプルなケースでは術後に月一、二度の頻度の通院で結構ですし、全体でも4〜6ヶ月ほどの通院で終了します。
しかし、インプラントを固定する部分の骨が少ない症例には、インプラント治療に先立って骨を増大する手術が必要ですので、その場合はさらに治療期間がかかります。
まずは担当医にお聞きください。

治療費用はいくらぐらいですか?

症例によって大きく異なりますが、当院ではインプラント一本につき15万〜25万程の手術費用がかかります。
さらに術前の診査やかぶせの歯の種類によって費用が変わってきますが、目安としてはインプラント一本につき35万程度の治療費です。

治療費の支払いの方法は?

インプラント治療期間中に分割してお支払いいただきます。もちろん一括してお支払いしていただいても結構ですし、当院ではクレジットカードの使用も可能です。