トップページ > 治療例 > 審美歯科 > 歯茎の審美性を改善した症例

歯茎の審美性を改善した症例

歯茎の形態を審美的に改善した症例 | 歯肉の退縮を治療した症例1 | 
 | 歯肉の退縮を治療した症例2 | 

歯茎の形態を審美的に改善した症例
術前の状態
術前の状態

患者さんは歯茎の位置と歯の色の改善を希望されました。


術中の状態

歯茎の移植をおこない、セラミックスのかぶせの歯の処置により
前歯の形と歯茎の改善を図りました。

ラミネートベニア作製

術前の状態
術後の状態

かぶせの歯を装着しました。
歯茎の形態も改善し、審美性の高い
治療結果が得られました。


歯肉の退縮を治療した症例1
術前の状態
術前の状態

上顎の犬歯と側切歯の歯茎が後退し、
形態も不揃いでした。


術後の状態
術後の状態

歯肉の移植の処置が行われ、
歯茎の審美性が改善しました。

歯肉の退縮を治療した症例2
術前の状態
術前の状態

上顎の犬歯の歯肉は退縮し、
歯根が露出している状態でした。
露出した部分には樹脂が詰められてありました。


術後の状態
術後の状態

樹脂を除去し、歯肉を移植しました。
術後には露出した歯根は歯肉で覆われ、
審美的にも満足のいく結果となりました。