医療法人 俊慈会
サトウ歯科・デンタルインプラントクリニック大阪|大阪城デンタルクリニック

STAFF BLOG

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 『インプラント治療に伴う痛み』について

『インプラント治療に伴う痛み』について

こんにちは。
サトウ歯科デンタルインプラントクリニック大阪、大阪城デンタルクリニック 歯科医師の藤田です。

インプラント治療を受けるに際してご不安に思われることの一つに、「手術に伴う痛みや腫れはどの程度?」という点が挙げられるのではないでしょうか。

“インプラント 痛み”等のキーワードでネット検索すると、インプラントは通常ほとんど痛みや腫れはありません、という記事が多く見受けられますが、実際のところはどうなのかと疑問に感じる方も多いと思います。

そこで今回はインプラント手術に伴う「痛み」「腫れ」に焦点を当てて、数多くのインプラント手術に立ち会ってきた歯科医師の経験からご説明させていただきます!

 

まずは「痛み」についてみていきましょう。

手術中はしっかり局所麻酔を効かせて処置を行うため、当然ながら痛みを感じながら処置が続くことはありません。骨を削る際に振動を感じることはありますが、心配に及ばない程度です。

手術後については1時間程度で麻酔が切れてくると痛みを感じることがありますが、痛み止め薬の服用でコントロールできることがほとんどです。当日〜翌日に痛み止めを数回飲んで、以降は痛みを感じることがない、というケースが多いです。

腫れ」は通常ほとんど出ません。
手術を行なった部位が多少腫れぼったく感じることはありますが、日常生活に支障をきたす(顔がぼこっと腫れる)ようなことはまれと思っていただいていいと思います。

痛みや腫れの程度については個人差も大きく、一概にこうとは言い切れないのですが、インプラント治療に伴う痛みや腫れは抜歯と同程度といえますので、歯を抜いた経験がある方はその時の記憶をたどってもらえたらと思います。(斜めにはえているような特殊な抜歯は除きます)。

とはいっても手術が不安な方、骨を削る振動だけでも怖い方もおられると思います。
サトウ歯科デンタルインプラントクリニックでは、通常の局所麻酔に笑気麻酔を併用して手術を行なっています。笑気麻酔を併用することで緊張が和らぎ、より痛みを感じづらくリラックスして治療を受けていただくことが可能です。また、より恐怖心が強い方に対しては静脈内鎮静法を併用することも可能ですので、カウンセリングの際にご相談ください。

以上、インプラント手術に伴う痛みや腫れについてご説明させていただきましたが、インプラント埋入部位の骨量が少なく、追加の骨造成手術が必要な場合等は術後の痛みや腫れがでやすい場合もあります。
当院にてCT撮影を行うことで正確な骨量と骨造成術の必要性の診断ができますので、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

 

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
TREATMENTS

サトウ歯科デンタルインプラントクリニック大阪

大阪城デンタルクリニック